サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼被害者になったら訴訟を覚悟

    運悪く、万が一、交通事故の被害者になってしまったら、まず徹底的に勉強することです。
    相手が、任意保険に入っていれば、相手側の保険会社から示談の話が来ると思いますが、向こうは示談のプロ。こちらは、交通事故については素人も同然です。



    自分の後遺障害がどの程度になるのかを、自分でも見極めて、慰謝料の算定も自分で勉強して確認する必要があります。

    損害賠償額の算定基準は損保会社が使用する任意保険の基準と訴訟を起した場合の基準(地裁基準)では大きく異なっていますが、大きく分けると
    ① 後遺障害の認定
    ② 慰謝料の認定
    ③ 逸失利益の認定
    でしょう。
    ①については、この認定によってまずは、慰謝料が大きく変わってきます。

    次に②の慰謝料ですが、そもそも任意保険の基準と裁判基準では1.3-2倍くらいの開きがあります。間違っても任意保険の基準の方が高額であることはありません。

    さらに③についても、いつまで働けるかということの認定によって損害額は大きく変わってきます。

    だからこそ、被害者になった場合には、訴訟を覚悟する気持ちが必要です。
    これらを自分で算出できるようになるまで勉強しなければなりません。急ぐ必要はありません。保険金の請求の時効は2年です。まずは治療に専念して、後遺障害が残るようなら、症状固定をまって、それから損害額を計算してそれを請求します。

    損害額の計算までは自分でやってみることです。実際の話し合いは、保険会社との直接の示談では向こうがプロであるだけに、歯が立たないでしょうから、ここは公的な相談機関に持ちかけるのが良いと思います。
    公的な相談機関は色々ありますが、保険会社に対しては拘束力があるが、こちらは不服なら従わなくてもよいという大変都合のよいところがあります。保険会社の拠出金で作られている、交通事故紛争処理センターです。しかも相談は無料です。

    自分が請求したい損害賠償とその根拠をここに持ち込むことによって、最大限の効果が得られるはずです。

    そこで気に入らない結論になった場合、或いは、相手が任意保険に入っていなかった場合には、訴訟になります。訴訟手続きは大変ですが、全てを自分でやる必要はありません。弁護士に依頼すればよいのです。訴訟に要する弁護士費用は、基本的には、交通事故の損害の一部として扱われますので、加害者に請求できます。安易な示談屋などに相談せず、腕のいい弁護士に相談するのが一番です。心配ならば、弁護士費用特約をつけておけば安心です。

    相手が、任意保険に入っていないときには、とにかく、訴訟を起して損害賠償額を確定する必要があります。もちろん、相手は任意保険に入っていませんから、支払能力は無いと思います。実際の請求は自分の保険会社の無保険車障害保険を使って、自分の保険会社になります。そのときのために、損害賠償額が裁判で確定していることが重要になります。

    【関連項目】
    人身障害保証を使うよりも無保険車の方が有利?


    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ事故がおきたらトラックバック:0コメント:2 [編集]



    コメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    1. 2013/10/30(水) 22:45:55 |
    2. |
    3. #
    4. [編集]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2009/03/11(水) 14:40:45 |
    2. |
    3. #
    4. [編集]
    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。