サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼一括見積りサイトでギフト券をもらおう

    ギフトカードをプレゼントしている自動車保険無料一括見積りサイトがいくつかあります。これらを全部もらってしまうことが出来ないでしょうか?

    通常、どこかの見積りサイトから損害保険会社に自動車保険の一括見積りをとると、その自動車保険会社のデータベースに個人情報としての名前とクルマが登録されます。
    通常、無料一括見積りサイトで見積りを取って、ギフトカードのプレゼントの対象になるには、3社以上の保険会社から、自動車保険の見積りを取る必要があります。


    管理人はやったことはありませんが、複数の自動車保険無料一括見積りサイトで、この3社を異なった保険会社を選ぶことができれば、それぞれ、別々の有効な自動車保険の見積り取得とみなされるので、それぞれのサイトから、ギフトカードがもらえるのではないかと思います。

    見積りサイト1 保険会社a、保険会社b、保険会社c
    見積りサイト2 保険会社d、保険会社e、保険会社f
    という具合です。

    ところで、こういうプレゼントを出してまで、自動車保険無料一括見積りサイト自動車保険の見積りを取らせたい理由は、実は、保険会社の営業政策によりますが、元を正せば、保険業法という、法律の制約によっています。
    保険業法では、正規の保険代理店でないものが、保険の勧誘を行ってはいけないことになっており、さらに、自動車保険だけでなく、すべての保険の紹介勧誘に対して、いろいろな制約が課されています。

    そこで、自動車保険の損害保険会社は、保険契約を締結したことによる成果報酬として、無料一括見積りサイトに報酬を出すことができないのです。本来、保険会社としては、保険の契約が取れたときに成果報酬として、広告費を払いたいのですが、保険業法の制約でできないことになります。
    苦肉の策で、自社で自動車保険の見積りを取ってもらった場合に、その見返りとして、広告費を支払うという仕組みになっています。自動車保険の無料一括見積りサイトは、複数の保険会社に見積りを取得させることによって、それぞれの保険会社から、広告費を受け取り、その一部を、消費者に還元している(ギフトカード)というのが背景です。

    さて。理屈はさておき、もらえるものは、もらっておくに越したことはありません。
    上記のような、複数の自動車保険一括見積りサイトから、ギフトカードをもらえる組み合わせにするには、比較的保険会社の少ないサイトから選んでいくと良いと思います。

    現在プレゼントをしてくれている自動車保険の無料一括見積りサイトは、下記の3つが有名です。

    インズウェブ
    カービュー
    オートバイテル

    ただし、この中で、オートバイテルは、インズウェブの自動車保険の見積もりのサービスを利用していますので、実際にギフトカードがもらえるのは、インズウェブカービューの二つになるでしょう。

    この中で取り扱い保険会社が少ないのは、カービューの9社でしょう。

    まず、カービューで、三井ダイレクト、三井住友火災、アクサ損害保険株式会社 アメリカンホームダイレクト、ゼネラリ、ソニー損害保険チューリッヒ自動車保険の中から、3社だけ選んで見積りを取得します。

    次に、、インズウェブまたは、オートバイテルから、上記のうちのすでに見積もりを取得した3社をはずして、損保ジャパン日新火災そんぽ24全労災、エース保険、セコム損保、共栄火災辺りを含めた中から、また3社を選んで、見積りを取得します。もちろん3社以上でもかまいません。

    ここで、注意すべきなのは、あまり安い保険料だと、自動車保険の見積りそのものに応じてくれない可能性があります。ためしに最低限の補償だけをつけて、見積り取得画面までいくと、見積もり対象保険会社の数が減っているのですぐにわかります。広告費の割合が高くなりすぎると、自動車保険の見積りを取ってもらって、実際に契約しても、見返りが少ないということだと思います。そこで、入ると入らないに関わらず、車両保険や搭乗者傷害、人身傷害補償などをつけて、さらに、特約は目いっぱいつけて保険の見積りを取ってみることです。

    どういう組み合わせで、それぞれの見積りサイトからどこの保険会社の見積りが取れるかは、人によって異なりますので、やってみるしかありません。

    ただ、うまく行けば、上記のように、それぞれの見積りサイトから、ギフトカードのプレゼントがありますので、やってみて損はないと思います。

    実際に入るときには、必要な保険を見極めて入るべきです。車両保険が不要なら、車両保険の見積りをはずすことは簡単です。また、人身傷害補償保険(特約扱いの保険会社もあります)や、弁護士費用等担保特約などは、お勧めの特約(保険)ではありますが、必ずしも必要というわけではありません。

    これらの保険は必要に応じて付帯するので十分と思います。

    まずは試しに、どこで、実際の自動車保険の見積りが取れるかを試してみてはいかがでしょう。

    【関連項目】
    ギフトカードをプレゼント中の自動車保険一括見積りサイト
    インズウェブ
    カービュー
    オートバイテル

    自動車保険会社
    ソニー損害保険
    そんぽ24(損保24)
    三井ダイレクト
    損保ジャパン
    アメリカンホームダイレクト
    アクサ損害保険株式会社
    チューリッヒ自動車保険

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ一括見積もりサイトトラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。