サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼生保レディの苦悩

    保険の自由化以降、保険業の販売方法が変わってきています。自動車保険に限らず、というよりも、自動車保険より、生命保険の方がよりその影響が強いようですが、保険そのものの売り方に変化が出てきているようです。



    従来ですと、保険の勧誘は、いわゆる生保レディと呼ばれる人たちが、大活躍していました。お昼時にオフィスに現れて、ひとりひとりの社員の机まで来て、生命保険のパンフレット片手に保険の説明をしているという図式は珍しいものではありませんでした。こういう人たちの中には、社交術や、交際術に長けている人が多く、バレンタインはもちろんのこと、盆、暮れのつけとどけや、各社員の誕生日や、家族の年齢構成、誕生日まで覚えていて、粗品を配って回るなどのつわものもいました。彼女達にとっては、そうやって、各社員の家族構成、家庭環境に応じた様々な保険商品を進めることが、営業の生命線でもあったわけです。ちょうど、今流行のワントウワン・マーケティング、あるいは、リレーションシップ・マーケティングをいち早く行っていたのが、この生保レディと呼ばれる人たちだと思います。

    ところが、バブルが崩壊して、まず、そういう企業の業績が悪くなると、次第に、会社にあしを運んでも、保険に加入してくれる社員の割合は少なくなってきます。加えて、最近では、個人情報保護法や、機密保持の観点から、どの会社も簡単に外部の人間が中にはいるのが難しくなってきています。
    生保レディは、もちろん、今でも健在でしょうが、生半可な生保レディは、それこそ、自分の家族と自分の親戚を一通り紹介したらそれで終わり(言葉は悪いですが使い捨て)という状況に近くなっているのではないかと危惧します。

    自動車保険もそうですが、最近の保険は、ダイレクト販売が盛んになってきています。ダイレクト販売はその名の通り、保険会社と消費者(保険契約者)の間に、代理店や、保険のセールス(エージェント)を挟まないで、保険会社が直接、消費者と保険の契約を結ぶ仕組みです。代理店が、セールスマンが入らないだけ、その費用を節約できますので、保険料は割安になります。

    インターネットや、新聞広告を利用した保険のダイレクト販売では、広く消費者に保険商品を広告して認知度を高めることができます。一方、限られた時間内で広告を作らなければならないテレビなどのCMでは、保険内容の詳細な説明はどうしても不足してしまいます。
    マーケティングの理論にAIDMA というのがありますが、テレビの広告が役立つのは、最初のA(Attention:注目する)という部分が中心になります。

    WEBを使った広告活動は、テレビの広告を補うものです。ただ、ウェブというのは、テレビと違ってプル型の広告になります。消費者が欲しいと思わなければ見てもらうこともありません。
    ただ、見たいと思っていただいた消費者の方には、かなり詳しい情報を伝えることができる仕組みになっています。

    保険会社自身も、従来型の生保レディを中心とした、営業活動から、テレビや、インターネットを中心とした、営業活動にシフトして言っているような気がします。特にダイレクト販売の自動車保険、生命保険、ガン保険などはまさにこれらの好例で、消費者としては、こういうサイトをうまく活用して、自分で調べて保険を選ぶ時代になってきているのだと思います。

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへカーライフの知恵トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。