サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼完全補償タイプの自動車保険?

    完全補償タイプの自動車保険という言葉を、一度は耳にしたことがあると思います。完全補償タイプというのは、過失割合に関わらず、保険金が全てでますということをさして完全補償タイプと呼んでいるようです。完全補償タイプの自動車保険の構成要素としては、人身傷害補償保険があります。通常の自動車保険は、自動車事故の過失割合によって、こちらに過失があると、その分の補償が減額されます。(過失相殺人身傷害補償保険は、自動車事故に遭遇した際の、相手とこちらの過失割合に関係なく、被った損害に応じて、100%の保険金が下りる仕組みです。
    果たして、本当に完全補償タイプは「完全」でしょうか?


    人身傷害補償保険は確かに相手とこちらの過失割合には関係なく、決められた保険金が支払われます。ただし、その算定方法が問題です。人身傷害補償保険は、自分と自分の加入している保険会社との保険契約ですから、保険の約款に記載されている保険金の支払基準が保険金算出の根拠になります。いわゆる保険会社基準(任意保険基準:参考保険会社基準(任意基準)と裁判基準(地裁基準))と呼ばれているものです。
    例えば、一家の支柱である、主が死亡したときの慰謝料に関して言うと、保険会社によって異なりますが、大体1400万円程度から1800万円程度になっていることが多いようです。
    この額で満足できれば、人身傷害補償保険に保険金を請求すれば話は終わりです。

    ところが、損害賠償額の最低には、もう一つ別の基準があり、裁判所基準といいます。一般的に裁判所基準は保険会社基準に比べてかなり高額なことが多いようです。こちらの被った損害の賠償を訴訟を起こして裁判で争うとなると話は別になります。

    訴訟を起こした場合、一件一件別々の損害賠償の認定を行っていたのでは、裁判官も大変ですから、裁判の際に参照する基準があります。大きく分けて二つ存在します。(この二つには大きな差はありませんのでご安心ください)通商、赤い本と青い本と呼ばれているもので、過去の交通事故の判例から基準となる損害賠償額を提示しています。
    先ほどの同じ例で、一家の支柱である主が交通事故でなくなったときの慰謝料の相場は、赤い本で2800万円、一方、青い本では、下限と上限が示されていて、2600万円~3000万円と示されています。
    違いがお分かりいただけたでしょうか?保険会社基準(任意保険基準)と裁判基準では、倍半分も慰謝料の算出が異なっているのです。こちらの過失がなく、100%相手の過失であるならば、自分の人身障害補償保険で保険金の支払いを受けると、もらえる慰謝料の額は、せいぜい2000万円です。保険会社によっては1400万円のところもあります。
    ところが、訴訟を起こして、相手に損害賠償をすれば、慰謝料は裁判では、最低でも2600万円、特段の事情がなければ、2800万円、一家の支柱としての主の存在が普通以上に大きいと認定されれば、3000万円の慰謝料になる可能性もあります。保険会社基準の1400万円から2000万円までの慰謝料と、裁判基準の2600万円から3000万円の慰謝料では違いは明白です。こちらの過失がないなら、人身傷害補償保険は使うべきではありません。交通事故の相手に対して、損害賠償を求めるべきです。もし仮に、相手が無保険車であった場合はどうでしょう。

    それでもやはり損害賠償請求をするべきです。この場合は特に注意が必要で、即座に訴訟を起こすべきです。相手が無保険車の場合、損害賠償請求の訴訟を起こしても相手に支払能力はないかも知れません。しかし、この訴訟は、直接相手に支払ってもらうための訴訟ではありません。損害賠償額を裁判基準で確定するための訴訟です。
    一旦、訴訟を起こして、損害賠償額を確定することが重要です。確定した損害賠償額を、次には、無保険車障害保険無保険者保険)にきりかえて今度は、自分の契約している保険会社に請求します。無保険者傷害保険は、本来相手が支払うべき損害賠償額を、相手に代わって、自分の契約している保険会社が支払ってくれる保険です。黙っていると、この保険金は、保険の約款で決まった額しか支払われません。だからこそ、無駄とも思える損害賠償請求の訴訟を起こして、事故の相手に請求する損害賠償額を裁判基準で確定しておくことが重要になります。

    自分の過失割合が高いときには、注意が必要です。例えば、自分の過失が70%で、相手の過失が30%の場合には、訴訟を起こしたとしても、相手に請求できる慰謝料は、裁判基準の30%に過ぎません。その場合も、全体の損害額と、過失割合を裁判基準で確定しておくことが、人身傷害補償保険に請求する際の重要な前提です。

    結論から言うと、完全補償タイプは、過失割合に関しては確かに完全(100%補償)です。ただし、損害賠償額の算定基準は、保険会社基準(任意保険基準)になりますので、本来裁判で争えば勝ち取れるはずの、裁判基準による損害賠償からは隔たりがあると考えておくのがよいと思います。

    【関連項目】
    人身傷害補償保険
    過失割合
    過失相殺
    赤い本と青い本
    保険会社基準(任意基準)と裁判基準(地裁基準)
    無保険車障害保険

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険の選び方トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。