サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼クラクションは短めに

    当たり前といえば当たり前なのですが、クラクションの鳴らし方って気をつけたことがあるでしょうか。長い間運転していると自然に身についてきそうなものですが、初心者マークの人には、結構難しかったりしますね。
    簡単に整理してみるとこんな感じです。


    1. 0.1秒以下 挨拶のクラクション
    道を譲ってもらったり、相手に譲ったり、その返答だったり、あるいは赤信号で停車していた前の車が信号が青になっても動こうとしないときに注意を喚起する目的などで使います。短いほど、受ける感じは柔らかくなります。

    2. 0.3秒程度 危険防止のクラクション
    注意喚起や、危険防止のための通常のクラクションの使い方です。そもそも、歩行者などは、道路交通法上では弱者であり、本来歩行者に対してはよほどのことが無い限りクラクションは鳴らすべきではありません。
    ただし、道いっぱいに並んで通行している歩行者などがいて、そのままではクルマが通行できないようなときには、仕方がないと思います。

    3. 0.5秒以上 怒りを表すクラクション
    クラクションの0.5秒というのは、かなり長い時間です。この長さを鳴らすとたいてい相手には、こちらが起こっていることが伝わります。
    初心者の方に注意していただきたいのは、危険防止のためのクラクションも長く鳴らすと怒っているように思われます。クラクションはかなり大きな音量なので、相手にはかなり威圧的に感じられます。

    できるだけ短めを心がけておくことが無用なトラブルに巻き込まれない秘訣のような気がします。

    ちなみに、道路交通法上は、クラクション(警音器)は、危険防止以外には鳴らしてはいけないことになっています。警音器使用制限違反は、減点はありませんが、警察官に取り締まられると罰金3千円ですので、ご注意を。

    挨拶代わりのクラクションが捕まったというニュースは聞いた事がありませんが、クラクションは短めにを心がけましょう。

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへマナートラックバック:0コメント:1 [編集]



    コメント
    サンキューホーンはそもそも目的外仕様で厳密には違法行為なので訂正したほうが良いかと。
    1. 2010/12/05(日) 21:19:22 |
    2. URL |
    3. #-
    4. [編集]
    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。