サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼古い車だけれど愛着のある車の車両保険

    古い車に乗っていると車両保険を掛けようとしても、通常の車両保険は、その車両の時価額までしか保障してくれないため、車両保険の金額よりも、修理費の方が高くなってしまうことがあります。
    特に古いだけのクルマで特別な愛着もなければ、修理費の見積りを取って、時価額よりも高ければ、廃車にすれば済みます。
    ところが、家族の思い出がいっぱい詰まったクルマや、若いころあこがれていたクルマだけれど、最近は人気がなくて、時価額は査定しようがないなどの車にのっていて、それでもそのクルマにはとっても個人的な愛着がある場合、もしもの事故の際に、そのクルマが修理さえできれば、ずっと乗っていたいということもありますよね。
    そういうときに役立つ特約があります。


    車両修理支払限度額特約という特約です。この特約は、車両保険に付けることができる特約で、修理費が車両保険金を上回った場合でも、あらかじめ設定した修理支払限度額まで補償してくれます。
    修理支払限度額の設定方法につきましては、一定の条件があり、おおむね、車両の時価額に50万円程度の上乗せができるようです。
    この車両修理支払限度額特約はニッセイ同和損害保険が扱っています。また損保ジャパン(旧安田火災海上)(損保ジャパン -- 既存国内損保の大手)のニーズ細分型自動車保険ONE‐doでは、車両保険に協定保険価額(=時価額)と修理支払限度額という2つの金額を設定することで、この車両修理支払い限度額特約と同じ補償を得ることができます。

    ニーズ細分型自動車保険ONE-doで、修理支払い限度額を協定保険価額と同じにすれば、一般の車両保険と同じになります。また、修理支払限度額を協定保険価額よりも高くすれば、ニッセイ同和損害保険の車両保険修理支払限度額特約と同じ効果があります。
    ところが逆に、修理支払い限度額を協定保険価額よりも安くすることも可能です。この場合、クルマの全損時には、協定保険価額の金額が保険金として出ますが、全損で無い場合、クルマの修理費用は、設定した修理支払い限度額以上は出ないことになります。たとえば、50万円の車両時価額のクルマで、修理支払い限度額を30万円に設定していた場合、運悪く事故を起こして、しかもそれが自損事故で、相手からの損害賠償は無いような場合で、修理費が40万円かかるとすると、修理費用限度額の30万円は出ますが、40万円との差額の10万円は自費負担(自腹ということ)になります。愛着のある車にはできない、保険金の設定方法ですね。

    なお、ニッセイ同和の場合、特約はその性格上、車両新価特約と同時に付帯することはできません。

    【関連記事】
    車両保険 一般的な車両保険全般の紹介です。
    車両新価特約 新車(初年度登録から36ヶ月以内)につける特約で、新車価格の50%以上の被害が発生した場合に、新車価格を限度として、新車の購入費用を補償する特約

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険の選び方トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。