サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼信号待ちでスモールにするのはダサいってば

    いまだに信号待ちの時にヘッドライトを消してスモールにしている人を見かけます。

    もともとはタクシーの運転手が、対抗車にとって、特に交差点を右折して対向車線に入ってくる車に対して、ヘッドライトの明かりがまぶしいだろうという配慮から広まったものと聞いています。もう10年以上前と思います。それが、次第に一般車両に広まって、一時期は、交差点の信号待ちではかなりの割合で、ヘッドライトをスモールにしている車を見かけるようになりました。

    ただ、このころ既に困ったことが起こっていました。というのは、スモールにしたまま、走り出す車が後を立たないのです。しばらく走ってから気が付いて、つける車も良く見かけます。運転を職業としているタクシーの運転手さんはさすがに、付け忘れることは無いでしょうが、一般の運転手はそれほど、いつも気をつけているわけではありません。実際に、管理人も一時期、信号待ちでヘッドライトを消してしばらくそのまま走っていたということが一度ならずあります。

    ちなみに、アメリカでは州によって違うと思いますが、交差点で信号待ちで停車中にヘッドライトを消すと、それだけで、無灯火の扱いを受けて警察に捕まってしまいます。
    実際に、日本からの旅行者で、日本にいるときの癖で信号待ちで明かりを消してつかまった人がいるそうです。

    そういうことがあってから、しばらくして、日本で、オートバイの常時点灯に習って、車も常時点灯してみようという動きがタクシー会社を中心に広がって、今では、信号待ち無灯火の真反対で、昼間でもこうこうとヘッドライトをつけて走るタクシーが主流になりました。周囲が明るいときのヘッドライトは自分のためではもちろんありません。他車に対する配慮です。

    管理人も、さすがにピーカンの昼間にはつけませんが、少しでも天気が悪いと、最低でもスモールを昼間でもつけて運転しています。タクシーがみんな常時点灯になると却ってそれが普通になり、目立たなくなるのではという意見も有ったそうですが、運転する立場からいうと、ライトがついている車は、すくなくとも人が乗車している。従って、仮に停車していてもいつ発進してもおかしくないとわかりますので、その車に気をつけてそばを走ることができます。昼間でも灯火がついていないと、その車が駐車しているのか、停車しているのか、あるいは単に一旦停止しているだけなのか判断に迷うことがあります。これから直ぐにでも動くよとヘッドライトをつけることにはそれなりの事故抑制効果があると思います。

    さらにいうと、カーブミラーです。カーブミラーは凸ミラーで広い範囲映せる半面、対象は小さくなります。昼間でも、少し日がかげると、ミラーに写っている車が動いているのか、止まっているのか判らないことが多い。ところがスモールをつけていると、少なくとも乗車していることは直ぐにわかるし、通常、動いているものと仮定して対処すれば、そのほうが安全です。

    つまり、昼間にヘッドライトやあるいはスモールをつけるのは、他人思いのドライバーということがいえると思います。

    ついでに言うと、停車中にヘッドライトを消すのはバッテリーの保護だという人もいるようです。確かにエアコンがんがんで、ヘッドライトもフォグもその他電装類を目一杯つけて走ると、高速ならまだしも、渋滞だと走っていてもバッテリーが亡くなるということもあります。渋滞ののろのろ運転だと、発電して蓄積する電力よりも、消費している電力の方が多いからです。

    ただ、普通の車で少しの信号待ちでは、バッテリーが上がるということはまず考えられません。それで上がるようなら、そもそもバッテリーの換え時です。

    ということで、信号待ちの際にヘッドライトを消してスモールにしてもメリットは殆どありません。傍から見ているとまったく自分勝手な時代遅れの運転をするドライバーに見えてるって判らないのでしょうかね。



    自動車保険の保険のおとトップへマナートラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。