サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼バッテリー交換したらエンジンがかからない!

    ATLAS のバッテリーを日曜日の夜にネットで注文したら、火曜日には届きました。
    水曜日の朝に、早速取り付けです。前の車の頃から何度もやっているので、間違えようもありません。
    取り外しは、電気配線は、アース側(マイナス側、シャーシ側、黒い線の方)を外して、それから、プラス側(赤い方)を外します。
    バッテリーの車への固定は、2箇所のボルトで留まっているのでそれを外します。少し緩んで手で回せるようになったら、5mm程度隙間が出来るまでまわして、それから金具を左右に動かすと簡単に外れます。車によって取り付け方法は違うと思いますけどね。
    つけるときはその逆です。ATLASのバッテリーは、ハンドル付なので取り付けは楽です。
    さて一通り配線まで終わったら、エンジンをかけてみます。
    カタッ、・・・(シーン)、オヤ?


    最初にキーをいれてまわしたときには、一瞬、セルモーターが回る音がしましたが、その後は何度エンジンキーを回してもうんともすんとも言いません。
    さて、困った。

    バッテリーなんて、プラスとマイナスの線が2本つながっているだけなので、間違えようもありません。

    電圧は取り付ける前に、テスターで測って12Vあることを確認しています。バッテリーの表示窓もしっかりと緑色に見えています。
    後は、接触不良くらいでしょうか。

    物置に行って、ヤスリとサンドペーパーを探してきます。
    バッテリーの固定は、電気経路とは関係ないので、プラスとマイナスの端子を一旦外して、車の端子側の内側を磨いて見ます。白っぽい結晶がかなりついていました。おそらく硫酸鉛の結晶と思われます。この状態でも前のバッテリーではエンジンかかってましたけどね。前のバッテリーを外すときに粉が移動して、端子と端子の間に挟まっていたのかも知れません。他にやりようもないので、プラス端子、マイナス端子の内側を丁寧に磨きます。
    それから、バッテリー側の端子、こちらは新品ですが、その周りを鉛筆の芯でこすります。うっすらと黒鉛の粉がついたあたりで完了。

    それから、もう一度、車側ケーブルのプラス端子をしっかりとバッテリーのプラス側に押し付けて、その状態で締め付けのボルトをまわします。先ほど取り付けていたときよりも、0.5mmくらい余分に押し付けた状態で留まりました。
    同じようにマイナス側もつなげます。
    それからおもむろにキーを差し込んでまわします。カタッ、ブーン!何とかかかりました。エンジンを切ったりつけたり何度かしてみましたが、今度は問題なさそうです。どうやら接触不良のようでした。
    念には念をということで、バッテリー端子を一度外して、再度丁寧にプラス、マイナス端子を磨いて、それから、かなり押し付け気味にして端子をとめていきます。
    再度、エンジン始動、ド、ド、ブーン!だんだんとエンジンの反応が良くなってきている気がしてきました。始動するときの音が力強く、太く低くなってきています。(多分気のせいでしょう)

    それにしても、ちょっとした接触不良で回らなくなるのは驚きです。白い粉はマイナス側にたくさんついていました。磨くと白い粉がぽろぽろと落ちてきます。エンジンの係りが少し悪く感じたのは、バッテリーではなく、接触不良が原因だったのかも知れません。ちなみに端子に白い粉(硫酸鉛)がついている状態はサルフェーションが発生している状態です。グリスを薄く塗っておくとサルフェージョン防止に役立つらしいので、今週末には処置しておこうと思います。

    その後しばらく乗り回してみましたが、バッテリーの調子は良いみたいです。
    前回のATLASバッテリーは、55B24Lでしたが、今回は、一回り容量の大きい60B24Lです。外観サイズはもちろん一緒です。これでしばらく試してみます。

    【関連記事】
    ATLASバッテリーはなかなか優れもの
    2年間放置したバッテリー
    韓国製バッテリーATLAS 55B24L侮るなかれ
    フォグランプに注意

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへカーライフの知恵トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。