サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼走る分だけと走行距離にかかわらずとどちらが得か

    ソニー損保は、年間走行距離による保険料設定を細かく行っていて、保険料は走る分だけ、しかも、想定の年間走行距離に満たなかった部分は翌年に持ち越しできるというサービスを行っています。一方、SBI損保や三井ダイレクトなどは、年間走行距離が多いか少ないかにかかわらず、保険料は一定というサービスを提供しています。年間走行距離に関して正反対の立場に見えますが、保険契約をするにはどちらが得でしょうか?


    通販型自動車保険が、代理店を通さないダイレクト販売によって中間マージンを省き、保険料を安くおさえると同時にほぼすべての通販型自動車保険がリスク細分という考え方で、加入者の年齢や、自動車の種類、利用形態、居住地域、走行距離などの条件を組み合わせて、事故を起こす確率(リスク)の少ない人には自動車保険の保険料を安くして、既存の保険会社に対して競争を仕掛けています。既存の保険会社も対抗して今では、ほぼすべての自動車保険がリスク細分型の考え方を取り入れているといってよいと思います。

    本題に戻って、年間走行距離に関しては、走る距離が長くなればなるほど事故を起こす確率は大きくなると考えるのが自然に見えます。極端に走行距離の少ない人、たとえば、年間10km以下という人は、普段、車の運転をしない人で、そういう人は慣れの問題もあって、年間1000kmは知る人よりももしかすると事故が多いかも知れません。といっても、バンパーをどこかにぶつけたとか、バックしていて、後ろの壁にぶつかったとか、そういう軽微な事故が多いような気がしますけど。
    この手の情報は、すべてデータ化されていて、各社がどの層にターゲットをおいているかによって、保険商品の考え方も変わってきます。
    P.コトラーのターゲットマーケティングの考え方そのものです。

    それでは、われわれ保険加入者からみたら、自分にあった保険はどれかというと、年間走行距離の多い人は、SBI損保や三井ダイレクトのように走行距離にかかわらず保険料一定を選ぶべきでしょうか?少ない人はソニー損保が得?

    管理人の考えでは、元の保険料しだいなので、どちらが得かはわからない、というのが答えと思います。
    同じことがインターネット割引にも言えます。インターネット割引は、5000円、6000円、10000円など各社そろって割引を広告していますが、これも元の保険料次第で、10000円割引した後のC社の保険料が、6000円割引後のM社の保険料よりも高いことがあります。

    結局、自分の使い方をできるだけ客観的に条件として並べて、見積りを取って比較してみるというのが一番の方法と思います。サービスの質や顧客対応のよしあしは別の比較が必要です。こちらは評判やクチコミ情報が役に立ちそうです。
    保険料の比較なら、何はさておき一括で見積りしてみるのが一番手っ取り早いですよね。

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険の選び方トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。