サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼弁護士費用ってどのくらい?

    事故が起こって、自分がもっぱら被害者の場合、事故を起こした相手に損害賠償を請求することになります。軽微な事故の場合は、さっさと自賠責で請求してしまうのがよいかと思います。自賠責の被害者請求。
    重大な事故の場合は、裁判所が認定してくれる損害賠償額と保険会社が社内で計算する損害額(保険金額)に大きな隔たりがありますので、こういう場合には訴訟を起こすことになります。(被害者になったら訴訟を覚悟
    こんなときに頼りになるのは弁護士ですが、心配なのがその弁護士費用です。しかも弁護士費用は自由化されていますので、いったいいくらかかるのかが心配です。

    弁護士費用は、一般的に着手金と成果報酬、実費に分かれます。
    訴訟を起こすと決めたときにすぐに必要なのが着手金で、訴訟で請求する損害賠償額の5%から10%程度のことが多いようです。無料の弁護士相談などを行っている弁護士会もありますので、まずはそちらに相談するにしても、実際の訴訟となると、どこかの弁護士に依頼するしかありません。
    弁護士会で紹介もしてくれますので、まずはちかくの弁護士会にあたってみるのがよいでしょう。

    次に、成果報酬ですが、これは、損害賠償として請求し、訴訟で決まった額の10%前後ですが、かなり開きがあります。また、請求金額が少ないとき、数百万円以下の場合には、割合は高くなり、逆に、1億円を超えるような場合には、割合は低くなります。いずれにしても、着手金とあわせると15%から20%程度は必要な場合が多いようです。

    最後の実費は、実際の活動でかかった費用です。印紙代、切手代、交通費などです。

    【関連記事】
    被害者になったら訴訟を覚悟
    事故にあってからでは遅いか?

    弁護士費用特約
    弁護士費用等補償特約は本当に必要か

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ事故がおきたらトラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。