サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼車両保険の意外な効用

    管理人は、高年式の中古車に乗っていますので、車両保険とは無用だったのですが、おかげで、運転席側のガラスを割られたときには、自前で修理せざるを得ませんでした。友人に話すと、5万円程度なら、車両保険に入っていても、後々、保険料が上がることを考えると、自分で修理したほうが得だと慰めてくれました。

    ただ、ちょっと勘違いがあります。駐車場に停めてあって、夜中のうちに窓ガラスを割られたことに対して、管理人には、まったく非がありません。つまりこれはどう考えても等級据え置きですから、翌年以降も保険料は変わらないはずです。
    逆に、中古で相当に古い車なので、時価が想定できなくて、車両保険の保険金がかなり低いか、または、保険の対象にならない可能性があることです。

    そんな古いクルマでも、車両保険をかけることにメリットがあるかというと、実は、車両の価値とは別のところに意義がある可能性があります。というのは、万が一事故を起こした場合に、車両保険をつけておけば、自分の保険会社は支払い義務が発生しますから、保険会社も当事者の一人になることが出来て、自分の代わりに示談を行ってくれる可能性があります。たとえば、こちらの過失割合がゼロで相手が100%の場合、こちらの身体に怪我があれば、人身障害補償保険や搭乗者障害補償保険の対象になりますから、保険会社も示談に積極的に入ってくると思われます。ところが、相手の過失が100%で、こちらの身体には一切外傷がない場合、ただし、クルマにだけは損害がある場合に、車両保険に加入していなければ、自分の保険会社は保険金の支払いはないので、示談をしようにも出来ません。(参考記事:弁護士法第72条「非弁活動の禁止」
    ところが、車両保険に少しでも加入していれば、そこで、こちらが加入している保険会社にも保険金の支払い義務が発生しますので、当事者の一人になることができて、示談を行う権利が出てきます。権利が出てくるというのも変な言い方ですが、保険会社としても、保険金を抑えたいので、ある程度積極的に示談を行ってくれる可能性があります。
    以前、被害者になったら訴訟を覚悟という記事を記載しました。(参考記事:被害者になったら訴訟を覚悟) ここでいう被害者とは、こちらの身体に怪我等の損害がある場合の被害者です。後遺症が残るような怪我を負ったときなどはもちろん訴訟を覚悟すべきです。ただ、車両の修理程度なら、出来るなら、面倒な示談は保険会社に任せてしまいたいですよね。

    もっとも、示談の交渉相手を誰にするかは、実は相手に選択権があります。事故を起こした先方が、保険会社を示談の交渉相手と認めなければ、示談は自分でやるしかありませんけどね。

    【関連項目】
    弁護士法第72条「非弁活動の禁止」
    弁護士費用等補償特約は本当に必要か
    車両保険

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険の選び方トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。