サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼まだまだ使える国道16号の意外な抜け道

    長女の転職と、次女の就職からほぼ一年、今年は末娘の大学入学祝いにと、新横浜プリンスの2階に入っているケッヘルというレストランのホテルバイキングを食べに行きました。久しぶりに国道16号(保土ヶ谷バイパス)を横浜方面に走ります。


    勤務地が変わって、16号を横浜方面に通ることがめったになくなりました。
    以前、といっても、もう10年になりますが、大倉山に通っていたころは、毎日通っていた道です。
    新横浜には、国道16号経由でも、横浜環状4号線経由でも、また国道246号経由でも同じくらいの工程と思います。国道16号は、旧道も保土ヶ谷バイパスもありますが、懐かしさもあって、今回は、16号の保土ヶ谷バイパスを選びました。つくし野の交差点から246号に入り、大和厚木方面に少し下ると16号バイパスへの合流に側道をおります。
    この側道あたりですでに込み始めていました。そういえば16号はいつも込んでいますが、平日よりも休日の方が幾分ましなことが多いので、少し甘く見ていたかも知れません。
    側道から信号を超えて、町田街道の起点の交差点を通り過ぎてすぐに斜め方向の道に入ります。中古車のケーユーの前に出る道で、このみちが16号バイパスに合流しています。
    さて、16号に入ってからは、車は多いけれどもそれなりに流れています。
    そこで、大昔の知識がよみがえってきました。国道16号の意外な抜け道です。
    16号バイパスの横浜方面は、下川井から先は3車線になっています。常識からして、左側の2車線が走行車線で、一番右が追い越し車線でしょう。合流車線は左から入りますが、ほとんどの車がすぐに右側の車線に入っていきます。一番左だと合流車両も多いのですが、道をあけてあげると一台はいってもすぐに右の車線に抜けていくので結果として、前の走っていた車のすぐ後ろを再度走ることになり、あまり、車の風景が変わりません。
    気がつくと、前に入った車は、右車線に移動して、そのクルマを左から追い越していくので、後ろのほうにいます。
    一番左の車線は、車の出入りが多いので、その分、運転は気を使いますが、確実に早い気がします。
    保土ヶ谷バイパスを通る方はぜひ一度お試しを。

    【関連記事】
    国道16号の意外な抜け道?

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへカーライフの知恵トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。