サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼全労災 ここは保険の生協

    全労災消費生活協同組合法(生協法)を根拠法として、厚生労働大臣により認可された保障の生協です。

    全労災マイカー共済という名前で自動車保険を提供しています。 事故受付後は全国84ヵ所のマイカー共済サービスセンターで、約800名の専門スタッフが示談交渉サービスを行います。もちろん、こちら側(被保険者)にも過失がある場合のみです。こちら側に過失がない場合は、一方的な被害者であるために、保険会社や、共済などは、保険金の支払義務がないため、事故の当事者にならないため、示談の代行はできません。(弁護士法第72条「非弁活動の禁止」参照)

    全労災は、無事故等級(保険会社のノンフリート等級に相当)が22等級まであります。最大64%割引です。(一般の保険会社のノンフリート等級20等級の割引は60%なので割引率は全労災の方が上です)

    人身傷害補償(人身障害補償)、または、車両損害補償(車両保険)を付帯契約されている方には、無料ロードサービスが付帯しています。


    全労済
    社名全国労働者共済生活協同組合連合会
    ひとこと営利を目的としない協同組合
    商品名マイカー共済
    資本金2074億円
    サービスセンター全国84ヵ所
    修理工場未公開
    事故専任スタッフ約800名
    一事故一担当者不明
    ソルベンシー・マージン比率未公開
    正味収入保険料未公開
    総資産20,097億円
    連絡先
    格付け S&Pなし
    格付け Moodyzなし

    全労災は営利を目的としない組織であるため、保険料は比較的安いといわれています。ただし、割引率が高くても、同じ条件で、比較してみないと、なかなか保険料の差はわからないものです。
    全労災の自動車保険の見積りを取るのは、インズウェブがオススメ。他社と同じ条件で比較できるので便利ですし、今なら見積りだけで全員に500円の商品券がもらえます



    保険会社との間で等級の引継ぎ
    全労災の無事故等級と一般の保険会社との間で、ノンフリート等級が引き継げることが殆どです。

    加入には、出資金が必要

    全労災は非営利で共済事業を営む生活協同組合の連合会です。
    生活協同組合は、組合員の参加により運営されており、出資金を支払うことで、誰でも都道府県生協の組合員になることができ、各種共済に加入できます。
    出資金は、1口100円で、1000円以上の出資が推奨されています。月払いで、100円×12=1,200円、年払いは1回で1,000円になっています。

    【全労災と全労済】

    全労災と全労済、どちらが本当かは、一目瞭然でしょう。もちろん全労済で、正式名称は、全国労働者共済生活協同組合連合会といいます。

    消費生活協同組合法(生協法)を根拠法として、主務大臣(現在は厚生労働大臣)から認可された保障の生協です。

    なぜ、「全労災」と記載されているかというと、仮名漢字変換を普通に行うと、「全労災」と出てきます。これでは、まるで、全国労働災害組合の略称になってしまいますね。 本サイトでも、全労災の記載のままです。というのは、実は、正しい略称である「全労済」よりも間違った「全労災」の方で検索される方が多いのです。「全労済」の情報をご提供するためには、「全労災」で調べることができなければ本当の意味で情報の提供になりません。

    【関連記事】
    全労災も保険金未払い

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険会社を選ぶトラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。