サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼車両保険

    車両保険は文字通り事故等による車両の損害を補償してくれるものです。これに入っていると保険料がかなり高くなります。ただし、自分の車を守る保険はこれしかないのも事実です。これ以外の保険は、他車との衝突等で過失割合が相手の方が多いときに、相手の対物賠償保険が使える場合以外には、自分の車両を守る保険はありません。

    これは管理人の独断ですが、保険料の何をケチるかというと一番最初に削る対象とするのはこの車両保険でしょう。これは、スーパーカーにでも乗っていれば別ですが、通常の高級車ごときなら壊れてもたかが知れています。せいぜい数百万円から1千万円程度でしかもそれは自分の物ですから、仮に壊れたといってもそれで自分の一生が台無しになるという代物ではありません。自分の車が破損しても、怪我さえなければ、また頑張って働いて買うことはできます。もっともローンが殆ど残っているとか、買ったばかりで、自分で修理代が出せないなどの時には、その後数年間は後悔することは保証します。従って、もちろん、お金に余裕があるなら、かけるべきです。あるいは、高級車に乗るのなら、車両保険の負担も同時に考えて併せて負担できるレベルの買い物をすべきでしょう。

    現実問題として、対人、対物の事故よりも、車両にちょっとした修理が必要な事故というのは発生割合(確率)からいってもはるかに多数発生します。だからこそ、それだけ保険料も高いのです。もちろん、車が趣味の人にとっては、自分の命よりも大事という感覚を持ったとしても他人がとやかくいうことではありません。でも、車両保険をかける前に、最低限の対人、対物賠償を無制限でかけることだけは忘れないでください。

    新車で買った自動車はもちろん大金ですが、万が一不幸にもそれが無くなっても、一生を棒にふるということはありません。生命保険は残された家族に対する保険ですが、対人賠償保険、対物賠償保険の任意保険は、万が一の場合に、もちろん被害者に対する最低限の責任をまっとうできるだけでなく、経済的に自分自身を守ってくれる最高の保険です。

    ポイント
    どうしても車両保険に入っておきたい。でも保険料も抑えたいという場合は、(これが殆どの方が思っていることと思いますが)、免責金額を高めに設定することで、保険料をかなり安くすることができます。また、保険の担保する範囲を制限することでも保険料を安くすることが可能です。

    免責金額に対しては、事故を起した場合に、その金額までは保証されない額になりますが、過失割合が100%で無い限り、相手からの賠償額が、免責金額の部分に充てられるので、面積金額を全額自分で負担しなければならないというわけではありません。もちろん、自損事故や過失割合100%の場合は自分で負担することになります。

    次に、車両保険の対象として、
    一般車両保険
    エコノミー車両保険
    A特約
    の3つがあります。

    一般車両保険は、基本的に全ての損害を補償してくれますが、その分保険料は割高です。運転者の故意による車両の損害はもちろん、対象外です。

    エコノミー車両保険は他車との衝突、追突、接触のみの補償で、その分、保険料が安くなっています。

    A特約は、エコノミーにつけることができる特約で、これで、盗難、台風、洪水や、火災、爆発、落書きなどに対しても保障されるようになります。保障されないのは、自損事故と当て逃げです。

    そのほかに車両保険が割安になる方法として、イモビライザ(車両盗難防止装置)の装着があります。逆にこれをつけていると、車両盗難保険の保険金が降りにくいという不満がありますが、イモビライザー付きの車両でも、盗難保険の保険金の支払を命じる裁判結果が出ています。
    (参考:イモビライザつきでも盗難保険金支払いの判決)



    運転していて自分でものにぶつけるのが一番怖いという人は、救いようがありませんが、一般車両保険に入るしかないですね。また、新免の時にはどうしてもぶつけやすいので、一年間は一般車両保険に入るというのも手かも知れません。

    新免で新車というのはよしておいたほうがいいと管理人は思いますけど。いずれにしても、対人賠償保険、対物賠償保険の保険金額を削って浮いた保険料で一般車両保険に入るようなことはしないでくださいね。対人賠償保険、対物賠償保険が一番重要です。これらの事故が起こった際には、前もって損害賠償額の予想がつきません。(誰にぶつけるか、何にぶつけるかを決めてから事故をするわけではないので当然ですよね)つまり、トンでもないものにぶつかったら、何億円という損害賠償責任を被る可能性があります。それに比べれば、フェラーリでもポルシェでも安いものです。

    【参考記事】
    古い車だけれど愛着のある車の車両保険
    車両保険の意外な効用

    【車両保険の特約】
    車両新価特約
    車両の修理費が新車価格の50%以上の時に新車価格を補償してくれます。

    【関連用語】
    対物超過修理費用補償特約
    事故を起こした相手のクルマの修理費を時価額を超えて補償します。

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険用語トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。