サイトマップ   保険の選び方   一括見積もりサイト   保険会社を選ぶ   保険用語   事故がおきたら   ロードサービス   得するクレジットカード   カーライフの知恵   マナー   保険の歴史
キャンペーン中!
500円商品券がもらえる
インズウェブ
自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!
楽天

保険スクエアbang!
【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
ギフトカードが必ずもらえる

今すぐ見積もり
一括見積もりサイト
インズウェブ
保険スクエアbang!
ガリバー
オートバイテル
カービュー
価格.com自動車保険
比較.com

保険会社
自動車保険のアクサダイレクト
SBI損保

広告
コメント
トラックバック
おすすめリンク
  • ビートルズ英語塾
  • 健康第一主義
  • 体験ノート
  • こっそりサーチ
  • アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
  • ブログでアフェリエイト!副業生活裏話!
  • top note
  • 自動車保険無料見積り比較
  • ネットの金のなる木
  • 自動車保険あなたが作れば安くなる
  • 生命保険あなたが作れば安くなる
  • 保険用語集
  • クレジットカード用語集
  • 不動産投資の紹介
  • アフィリエイト・マーケティング用語集
  • 保険の窓口インズウェブ活用法
  • 余計なお金を払わないための自動車保険選び
  • 違いで選ぶ!自動車保険見積り比較ism
  •  

    ▼スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    自動車保険の保険のおとトップへスポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-) [編集]

    ▼弁護士費用特約

    弁護士費用特約は、交通事故がおきたときに、起した相手との交渉を弁護士に依頼した際に弁護士費用を補償してくれるものです。基本的に300万円までと上限が定められています。

    交通事故を起こした時には、殆どの保険会社に示談サービスが付いています。この示談サービスは基本的に、交通事故を起こした責任の一端が被保険者にあるときに、加害者としての被保険者の代わりに相手方との交渉を代行してくれるものです。

    ところがこちらに過失が全く無い、相手方の過失割合が100%が明らかなとき、言い換えると、一方的にこちらが被害者のとき、例えば、信号待ちで停車中に後ろから追突されたとか、横断歩道を歩いていたら、信号無視の車にひかれたというような場合には、自分が契約している保険会社は、保険金の支払義務が無いため、示談サービスは使えません。というよりも、弁護士法第72条により、保険会社が、保険金支払義務の無い損害請求の代理をすることが禁じられていると解釈されています。

    もちろん、保険会社によって相談に乗ってくれることはありますが、交渉の代行はできません。

    このような場合には、交通事故の被害者として、相手方に損害賠償を求めることになります。これを自分でやるのは結構大変なので、弁護士に相手方との交渉を依頼することができますが、この特約では、その際の費用を限度額まで補償してくれるものです。

    特にこちらが、被害者になった場合に、相手は、保健会社であったり、加害者本人であったりしますが、満足のいく損害賠償を求めるのは容易ではありません。保健会社にしても、交渉する相手が、弁護士のケース、保健会社のケース、個人のケースで、示談の金額に差があるという話もあります。自分のための保障ではありますが、つけておくほうが賢明と思います。

    弁護士費用がどの程度かかるかについては、
    自賠責の場合には、150万円以上の損害補償を受ける場合には、2%が標準です。150万円以下は3万円が相場です。
    任意保健の場合には、一般的に損害補償額の5-8%程度が相場のようです。


    【関連項目】
    弁護士法第72条「非弁活動の禁止」
    弁護士費用等補償特約は本当に必要か

    ☆自分と家族を守る自動車保険には是非入っておきましょう。
    まずは、無料見積りで、比較してみましょう。
    自動車保険見直しキャンペーン
    インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
    全員にもれなく500円の商品券プレゼント!



    自動車保険の保険のおとトップへ保険用語トラックバック:0コメント:0 [編集]



    URL:
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。